2011/10/10

天城越え→奈良子

久々にまとまった時間が確保できたので、こりゃ遠征ですがな!
と、前日夜からいそいそと準備。

…案の定、あれもこれもとガサゴソしているうちに既に朝の5:00(愕)
まぁカンテツですが、とりえず出発(←寝ろよ)

東名沼津ICを降り、伊豆は河津川水系を目指し、下田街道をひたすら南下していきます。
ようやく朝8:30頃、目的の渓に到着!

しかし、道中、遊漁券を買おうにも漁協の旗がなく、めぼしいポイントにも釣り人の姿もなし。
…はて?と、手元の釣りガイドマップに目を凝らしてみると、

9/30で禁漁

そりゃ、誰もいないはずですわ。

続きを読む "天城越え→奈良子"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/14

霊峰富士の麓にて

霞の向こうに見えるは、霊峰富士。

悪あがき?
えぇ、まぁ、そのとおり。
駆け込み芝川です。

Mtfuji071014

予想はしていたのですが、
最初に入った支流ではミノーに全く反応なし。

途中、滝に向かって気功?のような踊り(滝に向かってカメハメ波)をしているおっさんと遭遇。
流石、霊峰富士の裾野。
神がかりな御大がいらっしゃいます。

滝つぼといえば、釣り人にとっても聖地なのですが、
神(がかり)を相手に、不毛な争いを挑むのは、罰当たり千万。
渓からあがり、車を止めた下流へ向かいます。

が、歩けども歩けども、愛車は見えず。
むむぅ、三十路のくせに迷子かよ・・・
どうやら、神罰が下ったようです。

===

とぼとぼ歩いていくと、なにやら人だかり。
道を聞こうと近づくと、釣り人のようです。


彼らの釣り場はここ↓

Yosuiro07014

完璧な一直線です。
完璧な用水路です。

聞けばマスの放流があったとのこと。
そうと聞けば、参戦決定。

早速、ダイビーをダウンでチョンチョンと。
ずん・・・と来たのは完璧な肉体改造を加えられたマス様。

Niji071014


高いフェンスに阻まれ、
取り込みにむちゃくちゃ苦労しましたが、
地元釣り師の方々の用水路専用超ロングタモに助けられました。

Longnet07014


ランディングのお礼にマス様を贈呈。
ついでに道も教えてもらい、無事帰還。

来年も訪れたい釣り場がまた増えました(いろんな意味で)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/10/11

物の怪に夢中

秋も深まりつつある今日この頃、最近、読むほうにすっかり夢中で、書くほうはすっかりご無沙汰。

秋なのに百物語系の物の怪さん大活躍の本ばかり読みふける三十路。
現実逃避してるなぁ・・・(苦笑)

釣りに行っていても、車の中で本読んでる時間のほうが長かったりして。

何を書いているのかよくわからなくなってきたので、最近の釣行まとめてどーん。

●9月23日(土)~24日(日) 晴れ 千曲川上流

朝一発目、釣り券買った爺さまと立ち話しながら投げた一投目からイワナがヒット。

爺さま「この辺は釣れねぇぞぉ・・・おぉ?!」

釣れちゃいましたけど何か?(笑)

一応、フォロー・・・
爺さまの言わんとしていることは、どうやらこのポイント、冬から春にかけては減水&凍結で釣りにならない場所だってことらしかったのね。

爺さま、情報ありがとう♪

支流ではヤマメ(アマゴ)がたむろしてました。

勢い、夢中になって釣りあがってしまい、そのまま車中泊・・・千曲川上流素晴らしかった・・・来年また行きますよ~

Yamame0609232





●10月4日(水) 雨→曇 木更津

平日にもかからず、yaga様にお願いして、"初"ボートシーバスに挑戦。
舞台はOASIS@木更津!

先週SANSUIおかぽん氏のご指導のもと、シーバスロッド購入し、珍しく準備万端。

出船後、朝一発目のポイントでひょろりと釣れてしまった…シーバスちょ○い!なんて思い始めた矢先のあまりにもキビシイ中盤戦。つ、釣れねぇ(苦悶)

睡魔と戦いながら、本物の指導者?船長が「底に沈めて釣って!」の一言で最後は爆釣!

船長さん、yagaさん、だっちーさん、ふじのくん、お世話になりました。厚く御礼です。

Seabass061004


午後は、餌によるハゼ釣りに挑戦。
延べ竿…小学生以来か?
牧歌的風景に和んでしまいました。

Dachiisanyagasan





●10月8日(日) 快晴! 芝川

所謂「さいごっぺ」です。

つ、釣れなかった・・・こんな↓ミニチュアサイズが3匹(必死)

Amago061008

でも、キレイな渓でした。また、来年会いましょう~

Shibagawa061008


| | コメント (8) | トラックバック (0)