« 即日ロストしてしまうの巻 | トップページ | 忘れちゃダメよ »

2006/04/05

目の前で放流されたって

4月2日(日) 曇天 いつもどおりの桂川支流

渓流釣行なわけで、朝4時起床。
すると、鼻がむずむず。

まぁ、いつもの花粉症だろ。気にしない。気にしない。
サッソーと、車に乗り込み、中央道をひた走る。

…右コメカミがちくちく(談合坂付近)

うーん、鼻かみすぎたかなぁ?

…関節がちくちく(都留IC付近)

…ノドがちくちく(釣り場到着)


どーみたって風邪ですね♪


とりあえず、ロッドにリールをセットし、ルアーを結んでみる。
こうなると意外にやれてしまうのだから、釣り人は不思議。(いや、釣り人はフツー帰るか…)

そして、よれよれの釣り人に仕留められてしまった一匹。

Yamame060402_1

もういい加減帰ったら?そんなツブヤキが聞こえてくるようなステキな山女でした。

===

車の中で横になってると、なにやら周りが騒がしい。
どうやら漁協の方々による放流イベントが発生しているようだ。

じーーっと(ぼーーーっと)見ていると、漁協のおっちゃんが近づいてきた。

おっちゃん「あんちゃん、つらねぇの?」
みや「いや、つらないっす(キッパリ)」

放流に群がる餌師の方々を見てイヤになったのか、それとも単に風邪のせいなのか、不思議と釣り欲がわいて来なかった。

やっぱ、あれだね。
いくら桂川とはいえ、目の前で放流されちゃうと、なんか興醒めだねぇ。

次回の釣行では、もうちょっと渓流っぽいとこに行きたいものです。

|

« 即日ロストしてしまうの巻 | トップページ | 忘れちゃダメよ »

コメント

この季節、花粉症だか風邪だか、持病の鼻炎だかわからない程に体調不良が続きます。それでも美しい渓流を目指してしまうのは完全な釣り馬鹿の証でしょうか(笑)。
先日、ハンドメイドルアー業界の巨匠が亡くなりました。ルアーのオーダーで電話のやり取りを繰り返していた矢先の出来事・・・。
ホットショット、このルアーの偉大さを残された僕らはしっかりと理解する必要があるのではないでしょうか?
放流魚が無数に泳ぎ、何も考えなくても魚が釣れる渓流はホットショットには似合いません。
今週末、そんなホットショットの最高に似合うとこで釣りしましょうね!みやさん。

投稿: kei | 2006/04/06 05:40

大丈夫ですか?でも川面に立つとやらざるを得ないでしょう!正しい釣り人だと思います。(笑)

keiさん。はじめまして。
ホットショットの件、知りませんでした。
初めて雑誌でホットショットとレイチューンを見たときには心底感動しました。
そしてこんなに美しいルアーで釣りができたらホント幸せなんだろうなと。

とても残念です。

投稿: JIMO | 2006/04/06 22:14

やはり目の前は興ざめですね。
私も奥地に行きたいです・・・。
田舎に行くか、山形か青森・・・。

投稿: KAI | 2006/04/07 09:01

風邪、大丈夫ですか?
私はあの後、山梨勢に遭遇したさー(笑)

午前はなんか難しかったですね。
午後は多少、状況が良くなりました。

お大事に~。

投稿: 西東京ヤマメ | 2006/04/07 20:06

>keiくん
ホットショット松本さん、非常に惜しまれますね…まだまだ彼の作品を必要とする人は多かったはず。冥福をお祈りします。

>JIMOさん
とりあえず、風邪は治りましたです、はい。
でも気分が悪いときに釣りをしてはいけませんね。デカニジがかかったときに、取り込みするのが不愉快でした(苦笑)

>KAIさん
奥地…実は桂川でも、支流筋にはゴミもなく秘境っぽいところもあったりしたりします。
そこまで行くのに一時間くらい歩いたりしますけど(笑)

投稿: みや | 2006/04/07 20:07

>西東京ヤマメさん
山梨勢…あぁ、あの方々ですか(笑)
また幻の(笑)60cmレインボーとか乱獲してたのですかね。

その節は、合流できず申し訳なかったです。
色々私の知っている数少ない(笑)ポイントも案内したかったのですが…
またタイミングが合いましたら、ご一緒させてくださいませ。

投稿: みや | 2006/04/07 20:11

確かに桂川と管釣りはほぼ同意語ですね。ってオレ、反感買ってるかしら?

先日丹沢で同じような場面に遭遇しました。
フシギと情報を知ってる一部の人間が集まってくるんですよね。大荷物で動く気なしで。
クーラーボックスに詰め込まれた、何十匹という魚。自分で放流して、そのまま自分で釣って……後には大量のタバコの吸殻と魚のワタだけが残されてました。

投稿: masuturi | 2006/04/10 02:48

>masuturiさん
おばんっす。
桂川≒カンツリ…うーん、まぁそういう面は否めないですねぇ。
あそこまで、徹底して放流してくれるのは大変ありがたいことです。
遊魚料を払う甲斐があります(笑)
しかし、ネコソギ餌師の方々、根こそぎばかりか、神聖なる釣り場を荒らしていくとは!!
丹沢の神々に怒ってもらいましょう。

投稿: みや | 2006/04/10 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76163/9451361

この記事へのトラックバック一覧です: 目の前で放流されたって:

« 即日ロストしてしまうの巻 | トップページ | 忘れちゃダメよ »