« それでも川は生きていた | トップページ | 終戦の日に思ふ »

2006/07/30

夏雲と色白イワナ

突然の梅雨明けのこの日、夏らしい青空のもと、午前中だけ出撃。

しかし、ネボスケで家を出たのは8時。

「きっと疲れてるんだよ、仕事忙しかったのさ」

と、心の中で自己弁護して、市内の渓流を一巡。

すると、駒ケ岳ロープウェー入り口を流れる黒川を見てびっくり。

入り口の道路沿いで土砂崩れが発生したようで、山肌が大きくえぐられていた。

が、既に復旧作業が開始されていて、忙しげにくるくる回るショベルカー達が頼もしかったデス。

流れ自体は、水も澄み、水量もいけそうな気配が漂っていたが、復旧作業に精をだされている方の横で釣るのも気が引けたので、ここはパス。

その横を流れる太田切川C&R区間も、水は澄んではいるものの、おそろしいばかりの水量。

こりゃ、危ないね、ということでここもパス。

太田切といえば、伊那谷(駒ヶ根含むこの地方の呼び名)には、田切が付く河川がいくつか存在するのは、ご存知の方もいらっしゃるかと。

中央アルプスを水源に、天竜川へ一気に流れ込むその様は、まさに田の中に一筋切り込みをいれたかのような、厳しい流れが特徴だ。(いわゆる田切地形ってやつ)

だから、太田切川の水は澱むことなく、清冽。川筋も真っ直ぐで、大石も中央アルプスから押し流されてきたものだから、角がとれていて丸い。

そして、なによりも、夏の太陽に照らされると、眩いくらいに大石や砂が白く映える。

正直、あまり釣れないのだが、昔はこの川でよく泳いだもので愛着もひとしお。

だが、さすがにこの日の水量ではダメなので、ちょいと足を伸ばしてT川水系N川(←パパラギさん風)へ行ってみる。

N川も水量多めながら、平水を取り戻しつつあったので、やっと竿をだしてみることに。

N_kawa060730_2


梅雨明けの空が水に映え、この川の特徴である白い砂がまた美しい!

この川に棲む色白イワナが迎えてくれました。

Iwana060730


Rod レイチューン ターゲット モデル521
Reel ステラ1000
Minnow Junミノー40SD、レイチューン TT47TS、チップミノー5F


・・・と、機嫌よく帰ったその夜、スピ○ド違反でζб☆Φξ×∂Θ。

合唱合掌(いや、大音量の音楽で追尾を気付かなかったからある意味正しいか・・・)。

|

« それでも川は生きていた | トップページ | 終戦の日に思ふ »

コメント

おひさしぶりです。諸々お忙しそうで。。。(^^;)
色白イワナの写真、一見「色白ヤマメじゃないの?」と思いましたが、写真を拡大したら「あら、イワナなのね」と納得。
イワナとは言え、色白で羨ましいです。(今年も日焼け止めクリームの甲斐なく、色黒になっている私・・・)

それとスピ○ド違反をしたからって「歌(合唱)」ってはいけません。
合掌です・・・

投稿: おじゃ | 2006/08/02 08:43

おはようございます。
合唱、いやぁ、ご指摘すみません(恥)
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
早速DELタグしときました。

この川、キレイな砂が特徴なんです。
だから、イワナもカメレオンみたく背景の色と同化しちゃうのかな?と勝手に思っていたりします。
今はちょっと色々と制約がありますけど、そのうち、この辺の川もご案内させていただきますよ(汗)

投稿: みや | 2006/08/02 09:38

いいな~岩魚・・・・・。
岩魚の取れる確率が異様に悪いのですよ、私は・・・・。
たぶん2割以下。
原因はわかりませんが、バラシが多い(泣)
みなさんが初心者に魚を見つけて投げさせてくれるのに
バラシ。
誰かアドバイスくで~。

投稿: KAI | 2006/08/02 16:04

KAIさん、こんばんは。

岩魚を釣る方法・・・それは岩魚しかいない川に行くこと(笑)

・・・すみません、まじめに考えます。

なまずと同じじゃないですかね、原理的には。
うねうねしてるし。

ほら、例えばフック。
バラシが多くてストレスがたまるときは、思い切ってバーブ付フックで挑めば、あっさりしとめられる。

ちなみに、自分は、リアのフックはバーブレストレブルで、ベリーはバーブ付きトレブル。
えぇ、悟りは開いてませんよ。自分にはシングルバーブレスのミノーなんて無理です(笑)

あとは、ダウンクロスでミノーを流すと、比較的フッキングが楽かも。掛けたら、ひたすらリールまきまきするだけですからね。ラインも緩みにくいし。
アップクロスで釣り上がるときは、マジ集中しとかないとフッキングが甘くなります(これは、あくまでも自分の場合ですけど)。

と、薀蓄述べましたが、きっと、他の方が、さらに深い真理をお持ちになっていることでしょう。
このブログを見てくれていれば、ですけど(笑)

投稿: みや | 2006/08/02 18:52

こんちちは。
帰省されてましたか。よいな~長野とかが田舎で。私など、生まれも育ちもサイタマチック。
スピード違反ですか、私も北の大地で、やりましたよ。空港おりて、レンタカーのって、5分で赤色灯。でも、Sさんに言わせると、切符の色が甘い!との事。何事も上には上が。

イワナですが、例えば奈良子でもそうなんですか?奈良子でなら、確実に、イワナ、ヤマメが居るわけで、着いている場所がかなりちがう。経験的にイワナは急な動き、ショートジャークが好みのようですが。もしくは、Dコンゆらゆらフォール。

投稿: yagataman | 2006/08/02 19:00

ご指南ありがとうです、みなさま。
ご指摘のとおり、私はUPが下手なんです。
でも釣り上がるのが渓流の醍醐味だし。
着水してすぐに早くまいてツイッチ。
ヤマメは乗るけど・・・・。
集中・バーブつき・ショート津一致・ゆらゆら。
全部試します。

投稿: KAI | 2006/08/02 19:30

イワナの釣り方・・・難しいですね。私も去年まではイワナを釣るのが下手でした。
ところが今年はイワナ三昧!(^^)
春先にJUNさんの講習会に出てから、イワナがよく釣れるようになりました。(その分ヤマメは激減していますが・・・(汗))
去年と今年の差は、ルアーの使い分けと巻き方かなぁ~。
去年までは、ほとんどチップオンリーでしたが、今年はアップはJUNミノー、ダウンはチップと使い分けています。
それとゆっくり巻いて、やさしくトゥイッチするようになりましたね。(去年はひたすらハードトゥイッチでした)
これでかなりの確率でイワナが出せると思いますよ。

投稿: おじゃ | 2006/08/03 09:05

>yagataman様
こんちちです。

上には上って。もう十分です。
そのうち、長野にでも遊びにいきましょう。
ご家族でもOKよん。

岩魚狙いのショートジャーク、流石です。
彼らは急激な動きに惑わされますよね。

>KAIさん
ナイスなご質問、ありがとうございました。
中兄さんあたりも、こっそりとテクニックもってるはずですので、(無理やり)聞いてみては?

>おじゃさん
コメありがとうございます。
岩魚三昧ですねぇ!
あの男鹿での尺岩魚は見事でした。
ヤマメ激減・・・うーん、自分もそうなんですよね。
まぁヤマメのいる川にいってないのもあるんですけど。
Junミノー、操作しやすいですよねぇ、ほんと助かってます。

投稿: みや | 2006/08/03 12:28

なんや、帰省してるんならちょっと声かけてくれれば・・・。
そうですか、駒ヶ根はいわな健在でしたか。
うちの地元の川はまだしばらくダメそうなので
駒ヶ根まで出かけるか。
で、いわなの釣り方、
他にも同じこと書かれてる人もおられますが、
基本的に捕食が下手(あまご、ヤマメに比して)ですから
よっぽど高活性の時以外はハードトゥイッチはむきません。
(喰いきれず、バラシも多くなる。)
トゥイッチというより少しゆっくりめのショートジャーク、
やや縦の動きを意識するとぼこぼこ釣れます。
(って自分釣ってないやん。)

投稿: パパラギ | 2006/08/03 15:03

連続投稿失礼します。
今、写真見てて気がついたんですけど
そのいわなヤマトとちゃいますか?
あそこらへんのやつは色白でパーマークがきついので
ちょっと見分けにくいですが
背中が尻尾まで模様なしやったら
ヤマトの血はかなり濃いですよ。
私もN川やY川で何尾か釣ってるから
たぶんこれもそうとちゃうかな。

投稿: パパラギ | 2006/08/03 15:08

>パパラギさん
おぉっと、ばれてしまいましたか(笑)
すみません、釣りできるとは思ってなかったので(って二日も釣りしてけど)
山積する野暮用で今てんてこ舞いです。

>トゥイッチというより少しゆっくりめのショートジャーク、
>やや縦の動きを意識するとぼこぼこ釣れます。

なるほど、パパラギさんはそうやってますか。
なんとなく分かるような気がします。

> そのいわなヤマトとちゃいますか?
おぉ!やっぱりそう思いますよね!?
自分も釣り上げたとき、もしや!と思ってしまいました。
白すぎて、微妙・・・?という状態なんです。
まぁ、相変わらず微妙ヤマトですわ。
今度、余裕を持って帰れるようにしますので、純ヤマト狙いましょう!

投稿: みや | 2006/08/03 20:42

ヤマトであってもなくても、ずいぶんキレイなイワナです。うっとりー。
だけども釣りできるなんて思ってなかったくせに、バンブーロッド持参ですか(ありえね)。

>KAIさん。
はじめまして。
イワナの釣り方なんですが、彼ら魚のくせに異常に泳ぎが下手なのでトゥイッチするとルアーに追いつけません(笑)。
しかしやたらと興奮します。

なので、激しくトゥイッチ→イワナが反応したらタダ巻き。
これで釣ってしまってください。
……ただ、この釣法に慣れてしまうと、ヤマメの釣り方を忘れてしまいます。

投稿: masuturi | 2006/08/04 10:26

>マスツーリさん
こんちは。

> だけども釣りできるなんて思ってなかったくせに、バンブーロッ
> ド持参ですか(ありえね)。
そりゃ、持ってきますよ(笑)
それがムダな足掻きでも。
釣り道具常時携帯、これ釣り人の嗜みです。

ホント、一日ゆっくりと釣りしたいんですけどねぇ。

> なので、激しくトゥイッチ→イワナが反応したらタダ巻き。
> これで釣ってしまってください。

これもありですねぇ。
しかし、みんな技もってますね。すばらしい。

> ……ただ、この釣法に慣れてしまうと、ヤマメの釣り方を忘れ
> てしまいます。
自分はもうヤマメの釣り方忘れました。
今年は、ヤマメ、アマゴバラシまくり。
今年は岩魚マンです。(と書いてみたがイマイチかっこ悪い・・・)


投稿: みや | 2006/08/04 18:53

パパラギさん、masuturiさんありがとです。
でもヤマメ釣れなくなるの?
う~ん困ったね(笑)

関係ないけど20日すぎに八丈島にいってきますっる!

投稿: KAI | 2006/08/05 08:17

>KAIさん

> でもヤマメ釣れなくなるの?
> う~ん困ったね(笑)
人は全てを手に入れたがるものだけど、全てを手に入れても満足はしない生き物です。
我慢しましょう(笑)

> 関係ないけど20日すぎに八丈島にいってきますっる!
去年も行かれてませんでした?
島流しですね(笑)
いいなぁ。
ボクも江戸所払いの刑に服して、田舎で渓流三昧したいです。

投稿: みや | 2006/08/07 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76163/11167046

この記事へのトラックバック一覧です: 夏雲と色白イワナ:

« それでも川は生きていた | トップページ | 終戦の日に思ふ »