« エピローグ2 | トップページ | 秋爽 »

2007/10/14

霊峰富士の麓にて

霞の向こうに見えるは、霊峰富士。

悪あがき?
えぇ、まぁ、そのとおり。
駆け込み芝川です。

Mtfuji071014

予想はしていたのですが、
最初に入った支流ではミノーに全く反応なし。

途中、滝に向かって気功?のような踊り(滝に向かってカメハメ波)をしているおっさんと遭遇。
流石、霊峰富士の裾野。
神がかりな御大がいらっしゃいます。

滝つぼといえば、釣り人にとっても聖地なのですが、
神(がかり)を相手に、不毛な争いを挑むのは、罰当たり千万。
渓からあがり、車を止めた下流へ向かいます。

が、歩けども歩けども、愛車は見えず。
むむぅ、三十路のくせに迷子かよ・・・
どうやら、神罰が下ったようです。

===

とぼとぼ歩いていくと、なにやら人だかり。
道を聞こうと近づくと、釣り人のようです。


彼らの釣り場はここ↓

Yosuiro07014

完璧な一直線です。
完璧な用水路です。

聞けばマスの放流があったとのこと。
そうと聞けば、参戦決定。

早速、ダイビーをダウンでチョンチョンと。
ずん・・・と来たのは完璧な肉体改造を加えられたマス様。

Niji071014


高いフェンスに阻まれ、
取り込みにむちゃくちゃ苦労しましたが、
地元釣り師の方々の用水路専用超ロングタモに助けられました。

Longnet07014


ランディングのお礼にマス様を贈呈。
ついでに道も教えてもらい、無事帰還。

来年も訪れたい釣り場がまた増えました(いろんな意味で)

|

« エピローグ2 | トップページ | 秋爽 »

コメント

芝川と云えば、以前GのS氏に50クラスの大岩魚がたくさん釣れているとの話を聞いた記憶があります。。。

その情報があれば、みやさんの手に大岩魚が抱かれていたことでしょう(笑)。

それにしても、完璧な用水路ですね!

用水路フィッシングも楽しそうです。

いつかの日か、案内宜しくです(笑)。

投稿: kei | 2007/10/22 19:00

keiくん、ども!
この前の奈良子ではケーキご馳走様でした。
楽しかったですねぇ。
またやりましょう。

50UPのイワナ?
いやいや、この日はアマゴ狙いでしたから!
あえて芝川をチョイスしたのですが、まぁご覧のとおり惨敗です。

よいとこですよ、芝川。
ボクが釣行を書くとキワモノ系になるのですけど、
実際は、湧水の川らしく、水も超クリアで気持ちよい流れ。
フライロッドを振りたくなる川がちらほらと。
ほどほどに近いので来年はちょろっと行ってしまうかも。


投稿: みや | 2007/10/23 00:11

小顔・チビチビ丸ヒレ・横三倍体・・・
メタボマスを釣らせたら右に出るものがいませんね。(^^:)
私も用水路フィッシング好きです。シーバス用長タモ持参で行ってみようかな。。。

投稿: おじゃる子 | 2007/10/24 08:52

>おじゃさん
メタボマスは狙ったわけでなく…
右にでるどころか、左にも前にもでませんって。
(意味不明)

メタボマス、こんなヒレなのに、引きは強烈。
ロングタモがなければ、ロッド破損の危機でした(汗)
あらためて地元おっちゃん釣り師に多謝っす。

キレイなアマゴ釣りたかったなぁ…
機会があればぜひご一緒くださいませ。

投稿: みや | 2007/10/25 13:03

うーん、用水路フィッシング、魅惑的です。そこ、解禁いつまでですか!?っというか、そんなところに放流する目的って何なんでしょうね~。
ふ・し・ぎ

投稿: まーさー | 2007/10/25 22:01

>まーさーさん
うーん、用水路魅力的ですか?
富士吉田あたりの用水路はもっとデカイらしいけど(笑)
でも、ちろっとやる分にはよいのですが、
それだけじゃ、なんか侘しい(笑)
おかず、おまけ、そんなもんですな。

で、芝川は10/15までじゃなかったです?
んで、なんでそんなとこに放流するんでしょうねぇ。

わ・か・り・ま・せ・ん (←あふぉ)

用水路というと、
脱走系とか迷子系のイメージがあるのですが。
放流系は初めてです。
まぁ、来シーズン暇なときにでも。

投稿: みや | 2007/10/27 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76163/16831646

この記事へのトラックバック一覧です: 霊峰富士の麓にて:

« エピローグ2 | トップページ | 秋爽 »