« 悲喜交々in桂川 | トップページ | サマバケ »

2009/06/21

Sticky!

金曜日の夜、職場を出たのは深夜0時過ぎ。
090619shokuba

そして、桂川のほとりに立ったのは、早朝4時。

完徹釣行スタートです。


AM4:00ごろ、薄暗い川原。
090620katsura_2

さすがに鮎師さんは出勤前の模様。
途中寄ったコンビニで、
いかにも釣り師な車(が○かつのステッカー付)をちらり覗くと、
おっさん3人がまだまだ夢の中でした(←シメシメ)


===

ウェーダーを履き、ロッドを準備…
完徹のせいなのか、テンションはぐんぐん上昇。
が、数時間後には確実に襲ってくるであろう、
強烈な睡魔が来る前にポイントを征服せねば!
と、気もそぞろにポイントへ向かいます。

ファーストヒットは、27cmの良型。
090620yamame1
瀬の終わり、淵頭でヒット。


セカンドヒットは、33cmの尺UP!(体高9cm)
090620yamame2_2
太い流れがぶつかる大石の周りでヒット。

こりゃ、次は・・・35upか!?
なんてギラギラしすぎたのが悪かったのか、
U-20な連中すらヒットせず。

そして、遂に睡魔さんがお出ましになったのがAM7:00、
堪えきれなく、車でグゥ→終了!(はや!)


===

今シーズンのウェーディングシューズ、
前から気になっていたラバーソール系に挑戦中です。

SIMMSからもラバーソール(ビブラム・ラバーソール)の
シューズが出てましたが、比較するとちょっと重いかな…
ということで、とりあえずこいつ↓にしてみました。

patagonia Riverwalker -Sticky
090620riverguide

"Sticky"というだけあって、吸い付くような感覚。

これまで使ってきたフェルトソールとの比較…
特筆すべきは、乾いた石に対するグリップ力。
砂地を歩いた後でも、まさにSticky。ピタッと止まります。

そして、何より気になるのは水の中。
全体的に、フェルトと比べて遜色ないグリップ力がありそうです。

で、いろいろな石でテストをしてみたところ、
やっぱり、こんな↓ツルっとして、ヌメっとした苔石には無力でした。
090620riverguide3

桂川の中流域にはこんな石がいっぱいあるので、
川を渡渉する場合、かなり注意しなければ・・・

とりあえず、使用感としては・・・
・水を吸わないから軽い=ヘタレな自分でも川原歩きがらくらく
・土や砂が落としやすい=まちがってウ○コとか踏んでも冷静に対応可能
こんな感じです。

ラバーの耐久性などは、シーズンを通してまたおいおい。


===
釣行メモ 6/20 4:00~7:00 晴れ
RayTune Target521/07StellaC2000S/
Jessica50mm,AX-50HW

|

« 悲喜交々in桂川 | トップページ | サマバケ »

コメント

尺上様とご対面された様ですネ! おめでとうございです。
マダムポイントですか。 皆さんそれぞれお好きな場所でいいサイズをゲットするんですナ!
やっぱり通わなきゃダメですナ! 
決起集会では色々と聞かせて下さいネ!!!
                        から坊

投稿: か | 2009/06/23 02:03

から坊さん
コメントありがとうございます!
今年の桂はすごいです…40UPもありえますよ!
決起集会で久々にお会いできますね。
楽しみにしております。

投稿: みや | 2009/06/27 06:25

こんばんは!

“Sticky”、石を選びそうですがグリップ力があるのですね。
特に林道歩きの多く、フェルトの減りが気になる貧乏性の私にも良さげです。(笑)

私には未体験ゾーンの尺ヤマメお見事です。

そして…完徹では、釣行も“Sticky”とはいきませんでしたか。
お疲れサマ!

投稿: さのや | 2009/07/05 23:43

>さのやさん
ちはっす!
ラバーソール、花崗岩系の天竜川水系の支流ではどうか…今度試してみたいと思います。
林道歩きは確かに向いてますねぇ。でも、苔石には本当に無力ですので、やっぱ一足はフェルト底のシューズが必要…結局、もう一足買ってしまいそうです(爆)

完徹釣行は3時間が限界でした…確実にじじいになっている自分を実感した日でもありました(笑)

投稿: みや | 2009/07/08 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76163/45406291

この記事へのトラックバック一覧です: Sticky!:

« 悲喜交々in桂川 | トップページ | サマバケ »