« 春の道志川 | トップページ | 野呂川チャレンジ »

2010/06/12

初夏の丹波川

釣り○カ改め、親○カ状態にて、久々のエントリーです。

それでも渓が恋しくなるのは、まだまだ親○カに脱皮できていないからでしょうか。

例によってマメマメしく家事に精をだしていたら、
ちょっとだけ、時間をもらえたので、久々に渓流へ赴くことに。

この日訪れたのは丹波川。
コレデモカというくらいの青空と緑がモリモリの山。
どうも夏は目前みたいです。
100606taba


久々の丹波川、
2年ほど前の記憶では、
どこを流してもイワナがガバっ!ときた甘い思い出のある区間に入渓。

気持ちよくガンガン溯上するぜ!
フライを流すのは一級ポイントのみ!
と意気込むものの、あれ?ウンともスンとも反応無し。

所詮はセピア色の思い出の中の出来事か…
と、前方に目をやると、やたらと長い竿がユラユラとされてます。
長い竿の持ち主は、モチロン、先行者様ですね、しかも餌系の方とお見受けします。

うわぁ、テンション、ダダ下がり…
といっても、他の渓に移動する時間もなく、シブシブと溯上を続けます。


===

せめてもの抵抗で、
あらゆるポイントをしつこく流す作戦に変更。
最後の最後、時間切れ目前で
小さなゆるーい流れに漂わせてみると、パシャっと飛沫!

救世主は、マメヤマメさんでした。
感謝感激アメアラレの一尾です。
100606yamame

hit-flyは、調子にのってピーコック巻きすぎ?のピーコックパラシュート。
これで釣れると夏って感じですね。
100606fly

以上、生存報告でした(笑)
そして、次回予告…盛夏のイワナ祭りin○○川(←超希望的観測)


====
釣行メモ
2010/6/6 丹波川 5:30~11:00
タックル:harada takezao HB723-4/KINEYA-MODEL300A/peacock-parachute#12
釣果:ヤマメ 1尾(しかもマメサイズ)


|

« 春の道志川 | トップページ | 野呂川チャレンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76163/48613004

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の丹波川:

« 春の道志川 | トップページ | 野呂川チャレンジ »