2007/02/18

思ひわび・・・

祝!2007年渓流解禁。

華々しい開幕猛ダッシュなんてことを夢想しつつ、
信州南部を徘徊してきました。


結果↓
出展:yahoo!インターネット検定百人一首タイピング大会


思ひわびさても命はある物を うきにたへぬは涙なりけり

合掌


>パパラギさん、
貴重な休日、お付き合いいただきありがとうございました!
きっとあれは夢の中のできごとに違いないです。
Y川、またいきます!
しかし、つくづく、天候に恵まれませんねぇ。
自分、低気圧系かも…
日頃の行いを慎みます(苦笑)

>keiくん、ヒロさん
次回は、S川でイ○ウ、期待しています。
噂では80upなんて話も・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/09/16

大移動

9月15日~16日
福島県南部~栃木県北部にて

信州の長雨から逃れるように(って15日の長野は晴れだったらしいけど)、駒ヶ根→栃木県へ移動(距離約350km)し、けい君、16日からはでんぼさん、おじゃさんが合流して釣行。

水温低下?へたっぴ?なのか・・・全体的にシブーい釣果。
Iwana060915_1

彷徨う我々がたどり着いたダム湖で尺山女の群れ(やや誇張表現?)の回遊を発見

…しかしここは遠いなぁ。熊が出るらしいし、ちょっと一人じゃ怖いところ。

来年のお楽しみポイントですかな。
だれか一緒に行ってくださる方募集です。

6日間釣り続けたあほを暖かく迎えてくれたロッジ古代村さん、ありがとう。

帰り際にいただいたおにぎり、大変美味しかったです!

Rod:ターゲット543
Reel:ステラ1000
Minnow:ダイビングビートル、アレキサンドラ50S

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/24

男鹿川 vol.2

2回目の男鹿川、ミノーイングスクール仲間のけいさんと行ってまいりました。

天気快晴、桜満開、こいのぼりの舞う男鹿川。サイコーっす。

ojika_sakura050424ojika_koi050423







例によって、朝6:00に川治温泉に到着し、早速CR区間で、ミノーイング開始。
男鹿川は、ゆきしろがすっかり収まっていて、本来の川の姿を確認することができました。

よって、前回、おいしい思いをしたイワナ爆釣ポイントは、あえなく消滅。
でも、ここで朝一番のやまめちゃん、ゲット(笑)
やっぱり、ここが相性いいみたい♪

午前中は、CR区間を行ったりきたり。
途中、yagaさんと遭遇。yagaさんとは、川越しに「今日魚影みてねーよ!」しか会話しなかった…
その後のyagaさんの釣果は???です。

んで、昼食は和風ポークステーキ定食で満腹後、午後は上流部へ。

前回のスクールでまわったポイントをめぐり、 古代村の下から釣り上がっていきました。
(この画像の方、けいさんでは・・・?けいさん、あなたの今日の不振の原因がわかりました(笑))

その後、どんどん滝にて、きれいなイワナくんがあがりました。

ojika_taki050424ojika_iwana050424







日も暮れたので、ここで納竿。
佐野SAで苺大福を食べつつ、一路東京へ。

こんなかんじで、2週間ぶりの釣りを満喫。
めでたしめでたし♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/11

すまいる男鹿川

またまた一週間ぶりのご無沙汰(苦笑)このまま週一のブログとなるのか?

9日、10日でいってきました、サンスイ主催皆川師匠の渓流ミノーイング教室。

教室、といっても、特別なことを教えてくれるわけではない。
皆川さんも「釣りなんて遊びだから、なにやってもいいんだ」って感じ。
皆川さんや参加者の皆さんと一緒に歩き、他愛のない会話をすることで、普段一人で釣行するだけでは知ることができない、何かを得ている、そんな気がする。

皆川さんのお話、釣り以外の話でも、ちょっとしたことだけど、すごくためになるんだよね(除くダジャレ・・・笑)

一応、肝心の釣りはというと・・・
男鹿川は、まだあちこちに雪が残っていて、でも、ここ1週間くらいの暖かさで、雪代がすごかった。
正直釣りとしてはツライ条件。男鹿川もCR区間や上流などを回ったけど、みんな苦戦していたようでした。

技術的には、キャスティング。
これは、やっぱり皆川さんのキャスティングを見てしまうと、「むぅ!」と唸っちゃいます。
狙ったところは、はずさない。

結局、CR区間でしか釣れなかったけど、これもまたよい思い出。

ojika_yamame





ちなみに宿泊したこうわさん、釣り人に優しい価格設定がステキです!食事・温泉と宿の雰囲気もサイコー!!
男鹿川に行かれる方、お勧めですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)