2006/05/02

信州通り過ぎて飛騨にて

巷で云われるGW、拙も恩恵を受けました。
久々に連荘アップの釣りblog。
ダイジェストでお届けしましょう。(ウダウダ休日ですから、ダイジェストするしかない)

■5月2日(火)雷雨→曇天

お仕事でお付き合いのある松本市の方々から「一杯やるじゃん」とのお誘いがあり、この日は松本市内に一泊。
ついでに渓流でも…と予定して早朝から出撃したら、雷ごろごろ。お空に雷鳴が轟いているではないですか。

「ツイテナイねぇ」

ため息混じりに下見がてら、釣行予定だった梓川支流の渓に車を走らせると、「上高地」の看板が目に入る。

「上高地といえば、かの有名な…」

いや別になにも思いつかないのだけれども(アホ)、とりあえず有名なところなので行ってみることにする。
雨のせいか誰もいない国道をぐんぐん登り、気がつけば、上高地入り口のトンネル。
でもさすが入り口。何もないです。
トンネルの先(マイカー規制)に行かないとダメなのか。

それでは、とばかりにさらに車は頂をめざして、ぐんぐん登る。
残雪が残る乗鞍を越えて、坂は下りはじめる。
そう、ここは飛騨の国。

こっち側は、曇天、というか雨上がり。道沿いの川はやっぱりドロ濁り…
せっかくなので視察がてら、山の中に続くいかにもな地元道に入ってみると、ありました。渓流です。
しかも笹にごり。よいではないですか。

んで、こんなんが釣れてしまいました。

Iwana060502


SP-500HQ、STELLA1000、JUN-MINNOW40SD

ほそっこいけど30cmちょっと(嬉)

地元(漁協?)の人に会えたのでちょっと話してみた。

みや「ここは釣り人あんまりいないですね」
おっちゃん「釣れたかい?」
みや「こんなんが(デジカメみせる)」
おっちゃん「いまはこんなんで魚とるのかえ。ついていけんわ」
みや「・・・」

会話成立せず(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)