2008/06/01

悪沢アタック

ご存知の方も多いかと思いますが、
丹沢の沢は、ユニークな名前を持つ沢が随所にあります。

「バケモノ沢」なんて沢は、
もうその名前だけで林道を1時間歩く甲斐がありそう。

多分、それぞれ興味深い由来があるんだろうなぁ。
一度ちゃんと調べてみたいものです。

ところで、地名の由来がわかると、
なんとなく賢くなった気がするのはボクだけだろうか?
たとえば、紀尾井坂なんて、
その由来を知ったときは、感動しちゃったけど。

本日は来場者多数につき、残念ながら、バケモノ沢は先行者アリ。

バケモノ沢ほどの強烈なネーミングインパクトには及ばないものの、
悪沢~クマ沢・山ノ神沢なんて、少々危険な香りが漂う沢へアタックしてみた。

===

世附川に流れ込む悪沢は、その名前とはウラハラに、
ひっそりと佇む、木々と苔に埋もれた小さな沢。

倒れた木々や、大小の岩が重なりあってできた小さな窪みに
丹沢の清冽な水が流れ込んでます。

080601warusawa


最近、大場所ばかりに通っていたせいか、
もともと、へたっぴぃってことは脇に置いておくとして、
小さな沢でのキャストが、いまいち定まらない。

ミノーを投げ込むと、魚たちの反応は一度きり。
二度目なんて、もうお呼びでないから、
慎重にキャストをしようとすればするほど、
あらぬ方向にミノーが飛んでいく・・・

===

うーん、こりゃキビシイ。
魚は元気よさそうなんだけどなぁ。

今日はフライで、しかもショートロッドでテンポ良く釣り上がっていくべきだったか…
なんて、今更な愚痴を思いながら、ショートすぎるバイトを拾えないまま時が経過。

スロー気味に誘って、
運良くテールフックに乗っかりました。
ようやく待望の一尾。
080601yamame
Twinkle mute 50

久しぶりのイワナさんも。
080601iwana
Jun Minnow 40SD


その後、ポツポツと数は出るけど、かなり集中しないと難しい釣りが続く。
ずーっと遡上して、クマ沢の取水堰堤を過ぎたところでタイムアウト。

帰り道、見上げれば、空は夏模様。
やっぱり休日は晴れてほしいですねぇ。
080601tanzawanosora


===

最後は、恒例の管理事務所のおいちゃんと立ち話。

すると、おいちゃん、おもむろに、
「こっちはでました?」
と、両手をだらりと下げて舌を出す幽霊ポーズ。

え、やっぱり、そうなの?
くわばら、くわばら…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/04/06

丹沢アゲイン

先週の好釣果に気をよくして、再び丹沢へ。

今回はさらに奥地へと、林道をテクテク、ひたすら歩く。

道の途中、神社が。
ちゃっかりオオモノ・大漁・安全を祈願。
でも、どんな神仏が祀られているかわかりせんが....(汗)
080406tanzawa


浅瀬から1時間半ほど歩き、白水沢から入渓。
すると、一投目から、ヒット。してやったり!

透き通るような水色には、ヤマメがよく似合います。

080406yamame1
Target543/StellaC2000S/ChipMinnow

解禁前のトラキン(トラウマキング)in奈良子で、
mogさんから強奪したいただいたmogミノーでヒット。
さすが、丹沢で磨かれたミノー。
ぞくぞくとヤマメを連れてきてくれます。こりゃきもちいい!

080406mogminnow
Target543/StellaC2000S/mog-minnow

どこまでも奥へ続く沢。
帰りどころ、踏ん切りをつけるのが難しい…
後ろ髪引かれながら、山を下りることにする。
080406tanzawa2


======


帰り道の途中、道のかなたに、なにやら影が・・・

人の姿のようでもあり、動物の形にもみえる。

立ち止まり、様子を伺ってみても、動く気配がない。

慎重居士(またの名をビビリ)の自分は、
徐々に間合いを詰めて、近づいてみると・・・


あれれ?なぜこんなものが。

狸の剥製。
080406tanuki

自分のビビリぶりが恥ずかしくなって、
ぐるり周りを見てみるが、ビックリカメラ(古!)ではなさそうだ。

いやはや、やっぱり丹沢は面白いです(いろんな意味で)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008/03/30

丹沢山塊に潜り込んでみた

丹沢の山々は、「山塊」といわれているらしい。

東名に乗り西へ向かうと、徐々にせまる山々。

「おぉ、まさにカタマリ!」
とひとりごちたりしながら、1時間半ほどで到着。

意外に近いじゃないですか、丹沢。
丹沢初挑戦、わくわくです。

===

噂に聞いていた管理事務所で、遊漁券を買い、
管理人のおいちゃんと話し込む。
おいちゃんに丹沢のルールを30分ほど聞かされ(苦笑)、
まずは試しにと、大又沢をチョイス。

ほどなく、初ヒット!
おいちゃんが自慢していた丹沢のヤマメ。
ビューティホー!やるねぇ!
080330yamame
SP-480PR/StellaC2000S/ChipMinnow4S

その後、ポイント、ポイントで続々とヤマメとイワナがヒット。
なにやら丹沢に歓迎されているみたいと勘違いするほど。

keiくんのお手製ミノーでもヒット。
ちょっとスレだったけど、初ヒット記念ってことで。
斑点がなく、パーマークのみ。ちょっと変わったヤマメでした。
080330yamame2
SP-480PR/StellaC2000S/KamuTune


目的の沢まで、あと1時間は歩かなきゃ辿りつけないらしい。
でも、目の前のヤマメ祭りも捨てがたい・・・

なんて、くよくよしてたら、雨がポツリポツリ。

タイムアップも近づいたことだし、山を下りることにする。
遥かに管理事務所の小屋が見えてきて、一日が終わった。

080331tanzawa

帰り際、またも、おいちゃんと話し込む。
「なるほど、ためになるなぁ!」
と、山遊びについてレクチャーを受けていたら
もう周りは真っ暗。

丹沢の山々は、いにしえから信仰の対象だったとのこと。
やっぱり、人を魅了するなにかがあるのかな。

ということで、丹沢、また来ます。
丹沢好きのみなさま、よろしくね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)