2008/07/27

マヒマヒ

ついぞ最近まで迂闊にも存じ上げなかったのですが、
「マヒマヒ」って、シイラのことなんですな。
ハワイでは、シイラをそんなふうに呼んでいるとのこと。

「マヒマヒ」

なんともキュートな言葉の響き!気に入りました。

話はそれますが、
「ダラダラ」、「イライラ」とか語句を繰り返して使う言葉を
「畳語」(じょうご)というらしいです。

この辺りの言葉の使い方は、世界あちこちにある模様。

マヒマヒも、語源とか、もしかして畳語だってりして?
博学な方、誰か教えてください。

===
閑話休題。

で、実物のマヒマヒさん、登場です。

080727mahimahi
SG A-ROUNDER 70S/TwinPower4000HG/T.D.SALT PENCIL DORADO TUNE


…さほど、キュートな面構えでもないですね。

この日は、相模湾の仕立て船、常丸さんでの釣行でしたが、
シイラの着き場となる浮遊物もあまりなく、シブい一日でした。

目を皿にして水面に魚影を追い続ける釣り人たち。
080727tsunemaru

途中、少し船酔い気味でローゲーしそうになりましたが、
目的であるシイラ捕獲は、なんとか達成できました。
(ペンペン、微妙にスレががり?気にしない、気にしない)

仕立て人(代理)yagaさん、
サイトーさん、中村(弟)さん&彼女さん、かないさん、
ありがとうございました。

↓この日一番のオオモノはyagaさんが仕留めました。
080727yagasan
カメラを向けると期待通りの笑顔。
笑顔がまぶしすぎるので、モザイクかけときました(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/12/26

珊瑚の鱒は鱒にあらず

これの続きです。

===

で、糸巻きでの結果、↓を捕獲したのです。
061212coraltrout

何が釣りたいのか全くもって目標もない自分でしたので、
当然、この魚の名前なんて分からん。

なんかぐろい魚がかかったと思っていたところ、
この魚を見たツアーガイドのJames氏、親指を突き出して激賞。

「Oh! Goooooooood!! NO1 Fish!」

海の漢、James氏はこんな人↓。かっちょええです。
061212james

そんなべた褒めされるとお魚の名前、当然気になるので聞いてみたりする。

みや「ヘイ、ディスフィッシュ、ワッツネーム?」(中坊英語)
James「(ほにゃらら)トラウト。」

はぁ?トラウト?鱒?
どうみても鱒には見えんのだが…??

James「捌いてやるから、Fish&Chipsの店で料理してもらえよ!」(たぶんそう言ったはず)

言われるがまま、Fish&Chipsのお店に行って、魚を見せてみる。

店員「おー、お前釣ったのか?ヴェリーナ~イス!」

またも激賞されるが、要領を得ないまま、
店でしばし待つこと10分位。

見事にFish&Chipsとなってくれましたので、美味しくいただきました。
061212fishchips


で、気になる魚の名前ですが、
帰国後、ネットでオーストラリアの魚を手当たり次第調べてみたところ、
どうやらコイツ↓のようだ。
http://www.angling-australia.com/fishfile/coraltrout.html

激賞の理由、そうとうの高級魚だったからなのか…

CoralTrout(珊瑚鱒)…鱒じゃないのに、なんて紛らわしい名前なんだ。

トラウトなんていうから、
ちょっと小躍りして喜んでしまった自分。
やっぱりトラウティストだな(確信)


<南の島のその他の獲物>

外道その1 釣れても即リリース。やたらとヒットするニクイヤツ。
一番最初に釣れて喜んでたら、Jamesに勝手にリリースされた(苦笑)
061212nazo1_1




外道その2 画像分かりにくいなぁ。
カサゴのような魚。コイツもやたらとヒットしてしまうニクイヤツ。
061212negyo

====

なんも考えずに参加したツアーにしては楽しめましたな。
ノープランでもけっこう大丈夫なようです(笑)

バラマンディ釣りたかったなぁ

あふぉツアー 完

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/12/18

珊瑚の島にて

きもい魚


久しぶりの更新なのに、のっけから、魚面で恐縮です。


えぇーと、南の島バカンスから帰還してまいりした。

もちろん、こやつは、南の島での獲物。

今回はご当地フィッシングツアー参加顛末記でございます

(っていうほど書けないけどね)

===

例によって、事前準備ゼロな自分(あふぉ)

諸事情により、今回のバカンスには、
ロッド等タックルは持参 出来ずしないで、
現地のツアーで何とかしてやろうという腹積もり。

現地のツアーセンターなる所で、
フィッシングツアーを物色したところ、
パンフレット置き場の隅っこに、フィッシングツアーのチラシ発見。

チラシを読むと、どうやら、
タックル一式は貸してくれるツアーのようだ。

Can I join this tour・・・と聞いてみたら、あっさりOKが。

んで、言われた時間と場所に体一つで行ってみると、
とりあえず、船に乗せられ、そのまま沖合いへ行くこと30分。

船の上で手渡されただされたタックルがこれ↓

糸巻きみたいなタックル



なにこれ。糸巻きじゃん。

続いて、魚とイカを呉れました。
小魚とイカ






おー、ルアーフィッシングじゃないのか

と、今頃気付くアホ。

そういえば、チラシにbaitがどうのこうのって書いてあったような…

ガイドから、なにやら、タックルの扱い方の説明を受けるものの、
異様に早口英語・・・ようわからん。

最後にガイドが一言、

「Any Question?」

って全部わかんねーんだよ!!


===

アホツアーは続きます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/10/11

物の怪に夢中

秋も深まりつつある今日この頃、最近、読むほうにすっかり夢中で、書くほうはすっかりご無沙汰。

秋なのに百物語系の物の怪さん大活躍の本ばかり読みふける三十路。
現実逃避してるなぁ・・・(苦笑)

釣りに行っていても、車の中で本読んでる時間のほうが長かったりして。

何を書いているのかよくわからなくなってきたので、最近の釣行まとめてどーん。

●9月23日(土)~24日(日) 晴れ 千曲川上流

朝一発目、釣り券買った爺さまと立ち話しながら投げた一投目からイワナがヒット。

爺さま「この辺は釣れねぇぞぉ・・・おぉ?!」

釣れちゃいましたけど何か?(笑)

一応、フォロー・・・
爺さまの言わんとしていることは、どうやらこのポイント、冬から春にかけては減水&凍結で釣りにならない場所だってことらしかったのね。

爺さま、情報ありがとう♪

支流ではヤマメ(アマゴ)がたむろしてました。

勢い、夢中になって釣りあがってしまい、そのまま車中泊・・・千曲川上流素晴らしかった・・・来年また行きますよ~

Yamame0609232





●10月4日(水) 雨→曇 木更津

平日にもかからず、yaga様にお願いして、"初"ボートシーバスに挑戦。
舞台はOASIS@木更津!

先週SANSUIおかぽん氏のご指導のもと、シーバスロッド購入し、珍しく準備万端。

出船後、朝一発目のポイントでひょろりと釣れてしまった…シーバスちょ○い!なんて思い始めた矢先のあまりにもキビシイ中盤戦。つ、釣れねぇ(苦悶)

睡魔と戦いながら、本物の指導者?船長が「底に沈めて釣って!」の一言で最後は爆釣!

船長さん、yagaさん、だっちーさん、ふじのくん、お世話になりました。厚く御礼です。

Seabass061004


午後は、餌によるハゼ釣りに挑戦。
延べ竿…小学生以来か?
牧歌的風景に和んでしまいました。

Dachiisanyagasan





●10月8日(日) 快晴! 芝川

所謂「さいごっぺ」です。

つ、釣れなかった・・・こんな↓ミニチュアサイズが3匹(必死)

Amago061008

でも、キレイな渓でした。また、来年会いましょう~

Shibagawa061008


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/07/09

なんでもないようなことが幸せだったと思う

恒例のシイラ、行ってきました。

今回は、いろいろ勉強になりました。

いや、もう、釣りやめようかと思うくらい虎武竜。

第壱章 ロッド破損
第弐章 バラシ天国
第参章 ラインすっぽ抜け
第四章 スナップのばされる

そんなこんなで、同船の皆様から物心両面の厚いご支援のもと、釣らせていただきました。

Siira060709

Tsunemaru-SagamiBay/Dolphinfish120cm/slidebait-heavyone

ラインマスターyagaサマ、ロッド貸してくれたしのさん、ポイント譲ってくれた皆様ありがとうございました(多謝)

===
帰宅後、ルアー洗っているとき発見。

フックが・・・!!

Slidebait

最後のブツをあげたときに伸ばされていたようです。

第五章突入寸前。
危なかった(汗)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/09/05

再々々シイラ

先週土曜日、急遽、シイラ参戦してきました。
ご一緒させていただいたのは、でんぽさん、おじゃるこさん、りょー師さん、まるおさん、まるこさん。

今年3回目ですが、自分、いまだペンペンのみです。

今度こそ、メーターオーバー!っと気合いれていきましたが、
結果は、例によって、ぺんぺんさん万歳!でした(苦笑)

サイズはちっちゃいけど、これでも今年最高サイズ↓
siira050903


















今回はポイントも多くて、前回と比べて、シイラのアタックを数多く堪能。

この釣りのダイゴミはなんてたって、トップ&サイトフィッシング。

しかもでかい!

皆さん、渓流では、(わりと)すましてますが、シイラでは、海の開放感からか、妙にハイテンション。
シイラの群れと遭遇すると、
「キタ!キタァ!」
「ゲーット!」
一瞬、キング村○さんかと思わせる叫び声が船のあちこちから聞こえてきます。

途中、りょー師さんの伝説のビッグファイト(そして150mラインが出尽くして…ぷっ)→ありえないくらいでかい鳥山でのデカサバ爆釣を経て、無事陸へ帰還。

あぁ、楽しかった。

シイラ、今年はこれで最後かな~

後は渓流!残り1ヶ月、ラストスパートですねぇ。

<シイラタックル>
ロッド:ダイワソルティガオールラウンダー
リール:TWINPOWER4000HG
ルアー:スライドベイト、ガラポップ(スカジットデザインズ)、EGG(Dragon&Peach)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/08

えちおぴあ?

8/6(土)、2週連続で、出船です。
獲物?もちろん、シイラですよ。

今回、タックル一式も揃えて、準備万端!
シイラ、完全にはまってますがな~。

で、今回は、なかむら兄さんにお誘いいただきました。
前回の反省を踏まえ、起床と同時に酔い止め薬の飲み、いざ出発。
この日は、終日ゲロ知らずな快適な一日でした(爽)

今回乗船するのはJOYMARINE。
先週乗った常丸より、ちょっと大きいかな?
ポイントに着くまで、船室で仮眠zzzz…枕もあって、なかなか快適っす。

とりあえず、スライドベイトから投げ始めて、いきなりシイラ(ペンペン…)をゲット~
調子いいかも!と思いきや、後が続きません。
途中、群れに遭遇するも、ガラポップをいまいち食わせることもできず、この日はぺんぺんさん1匹でした。

その後、同船のみなさまにもヒットがあり、兄さん泣きメーターゲット、yagaさん大漁(うらやましい・・・)やっぱみんなすげーな~

この釣りのダイゴミって…シイラが群れになってガラポップに絡んでくるのが見えるだよね~
これ、マジ興奮もの。

---

が、この日は、シイラで終わらないのだ。
ちょっと、この日はシイラの好む藻や流木といった漂流物がなくて、結構ポイント探しに時間がかかったようで、途中からジギングで青物狙いに変更。

ポイント到着し、船長さんから棚のアナウンス

「えー、150mです」

え?まじ?今日のライン、150mしか巻いてない。

なんて動揺していると、スタッフの方が、30~40cmくらいのまるっこい魚を上げた

げ、なんじゃこりゃ…

スタッフの方「エチオピアっすね」

え、えちおぴあ?

兄さん「へ、へらにじだ・・・」

どうやらヒットした棚は80mらしかったので、よしっ自分も!ってジグを落とし込み、ちょっとあおってみる…




え? えっ?   えぇっっ??




ロッドがまがったまま、もどらね…
ネガカリか?いや、棚は150mだとかいってたし、まだ半分も落としてないけど??

船長さん「あ、これかかってるよ」
みや「はぁ」
船長さん「ライン何使ってんの?ナイロン?あーそりゃつらいわ。あわてず、まいてね~(笑)」
みや「はぁ?」

おい!最初に言ってくれよ~(泣)
ぜんぜんあがってこねーよ。
何がかかってんだ?まさかヤツが?

リフトアップ&リーリングを何度繰り返したか、果てしない戦いの末、よーやくあげました。


Ethiopia














エチオピア、もちろん俗称。シマガツオってのが正式?な名前らしいけど、意味不明なネーミングとこの釣り味に妙にはまっていて面白い(笑)

エチオピアは、その後も、続々とヒット。
みんなかかった瞬間…

「やっちまった~」

労働者の喜びの声が船のあちこちから聞こえてきました。

自分も含め、みなさん、なぜかこの重労働が妙にハマったようで、釣り上げた後のこれまた妙な達成感と連帯感が漂っていたような・・・(笑)

その後、サバが妙に好調で、これもみなさん、数匹づつゲット。

終わってみると全員シイラ、エチオピア、サバ3種目制覇。
これはなにげに快挙かも!

いや~また行きたくなる釣行でした。


| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005/08/01

はじめの一歩

ちょっと釣り船に乗って、シイラ釣ってきました。

釣り船?初めてですよ。山育ちですから。
船酔い?ちょっとだけですよ。えぇ、ほんのちょっとだけ。
釣果?小さいの1匹。最初、藻かと思いましたけど。


・・・なんて、そっけない感想じゃ、おさまる訳ないっしょ。




シイラゲーム、リアルにすげー!!




事の始まりは、新宿ででんぽさんに「シイラ、釣りたいっす」なんて呟いてから。
数日して、でんぽさんからケータイにメールがきた。



件名:30日シイラ!


本文には「タックル貸すよ。手ぶらでOK」なんて、ほんのり出会い系サイトからのメールと思わせるフレーズが(でんぽさん、冗談ですよ…笑)
こりゃ、即バイトですがな。

しかしこんなときに限って仕事が立て込む…間隙を縫って、でんぽさんから教わったルアーを買いに新宿S店へ。
病み上がりのN店長から、ホントかウソかわからないいつもどおりのステキなアドバイスを受けつつ、なんとかルアーを揃えて、いざ芦名港!。

集合時間は朝の4:30。
ひぃひぃ言いながら、なんとか到着すると、すでに皆さんタックルの準備を終えて、一服してるし(汗)
君達、寝てないのか?

同船された方々は、こまつさん、だっちーさん、ゆみのさん、おじゃる子さんyagaさん、りょー師さん。
歴戦の兵どもに、少しビビリつつ、初めての船に多少テンションがあがってましたが、それも最初だけ。
あっというまに、船酔いの魔の手が・・・間断なく続く吐き気と戦っていたそのとき、シイラの群れと遭遇。
本人、釣りどころじゃなく、絶好機を逃してしまった。

その後、船室でグゥzzzして何とか回復を祈ったところ、まさにGod Bless You!劇的に回復できました。
(まぁ後から考えると、前日飲んで、寝不足気味だったし。酔って当然ですな。)

みなさん、ご心配をおかけしました。多謝っす!

この日の釣果は、本命、外道(サバなど)ともに、台風の甲斐なく、いつもより激シブだったようですが、初めての釣り船ってことで、新鮮な感覚を楽しみつつ、お昼ごろ下船。

温泉でまたーり→渋滞でしょんぼり→奈良子へ。

鹿留につづき、奈良子でも、例によって、夜中まではしゃぎ(誰かが打ち上げ花火で狙い撃ちされていた記憶が…)、ロッジでちょっぴり寝たあと、朝5:00に桂川へ♪

ウエーダを履こうとすると、足腰に違和感が…うぅ、キンニクツウが…
どうやら揺れる船上で、かなり踏ん張ってたらしい。
みなさん、平気で歩いたり、キャストしてたな~あれはまだマネできません。

幕の内一歩の足腰も、釣り船で鍛えられたっていうし。
シイラを続ければ、デンプシーロールだってできちゃうかも。

なんちゃって。


| | コメント (8) | トラックバック (0)